NORTHERN SHORE

海岸から山奥まで北海道全域をフィールドに自作のルアー、フライで楽しく釣りをしたい。

10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

仮組み

何回か作り直して、ようやくラチェットドラグの仮組みをしてみました。

DSCN0276.jpg

今回は、3mm幅の板バネを少し加工してみました。ステンレスのバネ線より強度があり、よりシンプルな構造にしたことで、クリックがギヤと奏でるカリカリカリと言う音がとても良い音になりました。それに、バネを押さえるエンドの部分が何となくパックマンに似ているのでほほえましい感じがします。
スポンサーサイト

近くで

朝、あまりの天気のよさに1、2時間のつもりで近くの川に出かけてみました。

DSCN0274.jpg

ウェーディングしても水は全く冷たくなく、10時頃から始めて、結局のところ4、5時間もやってしまいました。途中、コツコツと2度程当たりはあったのですが、ロッドに乗るほどの事も無く、まったりと無事に終了。地元の人とお話をしたら、昨日子虹を10匹ほど釣ったそうで、魚影は濃いみたいですが、時期的に反応が日によって変わるのかな?

室内作業

DSCN0273.jpg

またまた、細かい室内作業中。前回削った2mm厚のクリックに加えて3mm厚のクリックも作ってみました。1mm厚くなっただけなのに、その硬いこと硬いこと1ヶの溝を掘るだけで30分掛かります。その他、軸受を細く加工したり、クリックの軸を作ってみました。アルミの軸も作ってみましたが強度に不安があるので真鍮製にしてみました。アルミとステンレスは神鋼製なので、僕の所にも微風程度の影響があったか、なかったか・・・

こんなことばかり、やっているとストレスの数値が徐々に溜まってきたので、天候さえよかったら今週末に何処かに出掛けたいな~

ラチェット

DSCN0271.jpg

前回に製作したリールのラチェットドラグ。ステンレスバネ線を加工して強さを可変できるように作ってみましたが、どうもしっくりこないので、新たに作り直すことにしました。2mm厚のステンレス板を削るのですが、これが硬くて結構面倒くさい、直径3mmのエンドミルを使うのですが、ちょっとでも力加減を間違うと、簡単にエンドミルは折れてしまいます。0.025mmから0.05mmまでの間で慎重に削っていきます。ついでに、ドラグネジの軸を押さえるエンド部分の部品も作ってみました。これはアルミなので逆に柔らかいので、削りすぎに要注意です。次回に、もう少し改良した写真をアップしたいと思います。リールの直径が73mmなので、内部のスペースが限られ作っては失敗、作っては失敗を繰り返しています。

なかなか釣りには・・・

休日と天候にタイミングが合わず、釣りには出掛けられない日々が続いているので、もっぱら室内作業に従事しています。

DSCN0268.jpg

カムシャフトぽいけれど、リールフットの部品を削ってみました。初めての偏芯作業で、アルミ部材がブンブン、ゴワンゴワンと回ってチャックから外れはしないかと多少の不安を感じました。

DSCN0270.jpg

一応、全ての部品を組んでみました。2号機なので、多少見た目も良くなりましたが、まだまだ問題点も多く、次号機に生かせればと思っていますが。それと、精度を高めるために機械の微調整と自分の腕の向上が早急の課題かもしれません。

 | HOME |  »

プロフィール

ちぃーさん

Author:ちぃーさん
FC2ブログへようこそ!
北海道全域をフィールドにハンドメイドのルアー、フライで海岸から山奥までいろいろな魚種を釣りたい。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

潮位表
北海道-留萌
提供:釣り情報フィッシングラボ