NORTHERN SHORE

海岸から山奥まで北海道全域をフィールドに自作のルアー、フライで楽しく釣りをしたい。

08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き

昨日の続きなのですが、USTのランニングラインに何時ものモノフィラを使用したのですが、スキャンディーにはマルチコアの普通のランニングラインの方が合いそうなのとリールを巻くとカスカスどこかに擦れる音が気になったので昨夜から色々いじっていたら、なんとネジが折れてネジの先が中に残ってしまいました。

DSCN0121.jpg

DSCN0119.jpg

素材はステンレスですが、ステンレスの棒を所有していないので、真鍮の棒を加工して直そうと考えました。本当は壊れたネジの抜き取り専用工具があれば良いのですが、僕は持っていないので、ネジの規格(M3 )を考えて2.7mmのドリルで残っているネジを壊して出そうとしたところ偶然にも1回で除去することが出来ました。後は、M3 のネジを作り似たような形に加工して出来上がり。カスカスの擦れ音は中の軸を抑えるナットが緩んでいると判明、ランニングラインも交換して出来上がり。

DSCN0122.jpg

当分これで問題無く使用可能でしょう。その内、この部品が壊れたらステンレスの棒を探して作り直してやろうと考えています。
スポンサーサイト

も少し

まだ、自宅の周りは雪だらけだけれど、着実に春は近づいてきている。出掛けようと思えばもう可能なんだろうけれど、色々な雑用に振り回され、冬期間は中断していたリール製作とフライタイイングに精を出していた。

DSCN0112.jpg

これから、ドラグ作りと、細部の調整、磨き、アルマイト処理または塗装と続くのだけれど、今年は何とか渓流シーズンに間に合いそうな感じです。出来上がったら早くテストしてみたい気がします。今回、比較的手に入りやすい素材を使用してみたのですが、耐久性には「?」がつく物もあってハンドルやドラグのクリックは素材や厚みを変えて何度か作ってみたので、途中嫌になるほど試行錯誤を繰り返しました。それに、削る箇所に合わせて何本かバイトの自作と部品を抑えるための治具の自作と、かなり回り道をしてしまいました。理工系の人間ではないので工作や素材の知識が乏しく苦労しましたが、もう少しなので頑張ります。

冬眠中


まだ近隣の川は凍っている。仕方ないので、タイイングの世界に嵌る。近くに、フライショップも無いので仕方なく道具も自作する。

DSCN0109.jpg

ホームセンターは近くにあるので、適当なボルトを買ってきてボドキンとツイスターを作ってみた。市販のボドキンだとニードルの長さが短くピッキングに多少違和感があったので50mmの長いニードルを付けてみたが裁縫用の針なので、今ピッキングに使っている解剖針の方が強度があって使いやすい。ツイスターは、永く二股の道具を使っていたが、硬いファイバーはツイストするのにかなり難しかった。しかし、これだと面白いようにツイストすることが出来る。欠点としては、ホームセンターで売っている一番大きなボルトをぶった切って作ったが稍々重すぎた点と上の糸を引っかける部分が長すぎた点が反省点となった。次回作るときは、一回り小さくしてみようと思う。

DSCN0111.jpg

DSCN0108.jpg

次に作ってみたのが、マジックツールのようなもの。100円ショップで買ってきた大きな洗濯ばさみに、使い古した30センチ定規を四等分して作ってみた。定規がピッタと挟まるように洗濯ばさみの先の部分の内側をグラインダーで削って細工してみた。出来上がりはチープでかっこ悪い。使用感は結構長いマテリアルも挟むことが出来て、糸に挟む際もバラバラにならず良かった。大きな洗濯ばさみで正解だったような気がする。材料費も全部合わせてワンコイン以内で済んだ。しかし、本当にかっこ悪い。

7月7日

DSCN0037.jpg

ついでに、

DSCN0038.jpg

ここで、「かかえきれない ひかりを抱いて 空は 空は 希望の海 ・・・」 と 歌える人は60歳を越えているだろうな~

しかし、足元は

DSCN0040.jpg

石狩川本流の水の色。分解しきれない真っ黒い落ち葉やいろいろな物が流れてきて釣りをする雰囲気ではありません。頭の薄い官僚がダムを作って川を死へと導いています。森の木を伐り、川に障害物を作り、最終的に海も死んでいく。地球温暖化だけの問題ではありません。サンルダムも完成すると天塩もこんな感じになるのでしょう。

また、休み無し

釣りに行きたいけれど、休みは当~分~先。外の天気は、悲しくなるほど青空、頭の中だけどんよりとした曇天。数時間開くと、最近使用していないロッドを車に放り込み虫干しを兼ねてキャス練。

DSCN0018.jpg

気持ち良くラインが伸びていくものと、重すぎて2、3投したらくたびれてしまう年代物など、長く生きているとどうしても道具が増えてくる。最近は、あまり増やさないようにしているのだけれど、遠くに出かけられないだけで時間は結構あるので、ついついロッドメイキングやタイイングで時間を潰してしまう。

DSCN0019.jpg

DSCN0020.jpg

仮組したコルクハンドル。#4/5のスペイロッド。IM8-12feetと書いてあったが、スペイならIM-6のほうが合っているような気がする。ガイド類も全部付けてみないと、本当のところはよく解らない。スペイで使えるなら300grと云った処か? その前に削って整形しなければならないので、今年のシーズンに間に合うのかどうかも解らない。

DSCN0021.jpg

これは、バットエンドに埋め込もうと思い作った部品です。並行して、グラスロッドも3本製作しているので余裕がなくアップアップです、リールの製作にも戻らなくてはならないし・・・

 | HOME |  »

プロフィール

ちぃーさん

Author:ちぃーさん
FC2ブログへようこそ!
北海道全域をフィールドにハンドメイドのルアー、フライで海岸から山奥までいろいろな魚種を釣りたい。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

潮位表
北海道-留萌
提供:釣り情報フィッシングラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。