NORTHERN SHORE

海岸から山奥まで北海道全域をフィールドに自作のルアー、フライで楽しく釣りをしたい。

08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、3回目。

隈根尻~ピンネシリ縦走計画(予定)。

今年、3度目の登山。登山ガイドなどで情報収集していったが、登山道の荒廃が進み時間切れアウトとなってしまった。最初の誤算がスタート地点で、現在のゲートがキャンプ場の駐車場からとなっており、昔のゲートまでの3km以上の林道をテクテク歩かなければいけなかったことで、合計2時間の無駄な時間が最後まで響いてしまった。

DSCN0217-1.jpg

DSCN0218-1.jpg

DSCN0219-1.jpg

DSCN0220-1.jpg

DSCN0228-1.jpg

まずは、隈根尻までの途中の壊れた東屋まで。

DSCN0229-1.jpg

DSCN0237-1.jpg

DSCN0238-1.jpg

DSCN0240-1.jpg

隈根尻山山頂。樺戸山山頂までは廃道となっていたがうっすらと踏み跡が見え、藪漕ぎ大好き登山家たちが結構入っているようである。ピンネシリ方面の山頂は雲がかかっていた。

DSCN0230-1.jpg

DSCN0236-1.jpg

DSCN0245-1.jpg

DSCN0248-1.jpg

DSCN0250-1.jpg

DSCN0251-1.jpg

夏の名残の花の写真と待根山山頂。待根山から見上げるピンネシリ。しかし、ここまでの道が凄かった。根曲竹のトンネル。苔むした丸太階段(恐ろしい程、滑る)。待根山の階段消失。と難所が次々に現れ、特に待根山への登りの階段が上部を残して崩れ去ったり無くなっていたことはきつかった。土砂やガレ場に何とかルートを探し、草や木の根をホールドによじ登った。下るのはもっと時間が掛かりそうだった。(今の、僕の膝の状態では無理か?) ピンネシリを見上げると2時になっていたので、今日は無理せず分岐から下ろうと思う。

DSCN0255-1.jpg

分岐の看板は待根山から下ると解りにくい。

DSCN0256-1.jpg

DSCN0258-1.jpg

DSCN0259-1.jpg

DSCN0260-1.jpg

DSCN0261-1.jpg

分岐から丸太の階段を下りきった休憩所の近くに熊の食痕と落とし物を大量に発見。新しくて生々しいので、下山後に管理棟に寄って状況を報告。

DSCN0262-1.jpg

DSCN0265-1.jpg

あちこちの案内看板はこんな状態が多く、登山道の下草は年に一度刈っているようであるが、それ以上の手は入っておらず、特に稜線上の縦走路は古道か廃道に近く、いずれは廃道になりそうな感じがします。

DSCN0267-1.jpg

最後に朝は無かった林道上の「落とし物」。熊さんの密度は、あちこちに落ちている「落とし物」から見ると北大雪並みかと思います。尚、縦走路は現状を考えると危険度や時間から見て中級者向けと思います。

スポンサーサイト

先週の事ですが

先週の週末、少し時間が空いたので少しだけ本流でキャスティングしてきました。

DSCN0142.jpg

始めて入ってみた場所ですが、水の色は笹濁りをもう少しきつくした感じで、対岸をゴミが大量に流れていき、雰囲気は今一、景色は良い感じなのですが、

DSCN0143.jpg

DSCN0144.jpg

2時間ほどロッドを振ったのですが、その間ずーっと頭上から小鳥に見張られていました。

そこで、昨日運動不足を解消する目的で山に登ってきました。

DSCN0156-1.jpg

1000mを切る低い山なのですが、Bコースを上り、Cコースを下ってきました。往復4時間、階段状の登山道がきつい事きつい事、半分凍らせた水500ml、完全に凍らせたパウチ2ヶを持って行ったのですが、ちょっと足りなかったような感じがします。今朝も足がパンパン。

かなり、遅くなりましたが・・・

DSCN0102-2.jpg

昨日は、暖かったので状況偵察というか、まあ時間が空いたので・・・ 正月中暇を持て余していたこともあり川でも見てみようかなと思い、一縷の望みもかねて道具だけは一応積み込んで川の状況を見てきましたが、昨年の暮れに出かけた時と同じように氷が引切り無しに流れていて、白鳥も暇そうに家族で浮いていました。釣りに集中する状況ではないので竿を出さずそのまま帰ってきました。
また、我慢しきれずに川を見に行くこともあるかもしれませんが、2月の後半か3月の頭の暖かい日が来るまで当分自宅作業が続きそうです。

SEXY・・・

釣り道具に「セクシー」なんて言葉が付くのはそう多くはないと思う。

これが、セクシーなリールらしい

DSCN0030.jpg

DSCN0031.jpg

確かに、表・裏ともにスケスケな感じがセクシーか? Airfloと云う大手メーカーが出している(どちらかというとラインが有名・・・)。同メーカーのシングルハンド11feet #7のロッドも持っている。

外見は、多少異なるがコートランドだと7500円位、エリートと云うメーカーだと6000円位、スノービーと云うメーカーからもほぼ同じものが出ている。しかし、エアフロのホムペを見てみると16000円位に跳ね上がる(送料と関税は入っていないし、最近はその日によってレートが変わってしまう)。まあ、外見とメーカー名の違いからそうなるのだろうけれど、作っているのは中国の小さな下請けメーカーでOEM生産と云った処だろう。古くからは、オービスのCFOリールやS.A.の古いものはハーディが作っていたし、それほど珍しいものではない。フェンウィックのワールド何とかのリールはもろABELだった。こんなことは、どうでもよい事なのだが、ついでに手持ちのスカジットラインをこのリールで纏めてみた。

DSCN0036.jpg

左から、600gr、550gr、475gr、450gr、リール本体につけた500gr。メーカーが違うので様々なカラーで綺麗である。今年から、使い始めたビューラーの#7、13.2feetには前回550grを使ってみたが、ちょっと重いような感じがしたので、次回は500grを使おうと思っている。

物はついでに、最初の設定が左巻きだったので右巻きに変えようと思いいじくりだしたのが不運の始まりだった。今どきの、こういうリールは中にあるベアリングを反対にしてやれば事は済むと思い・・・

DSCN0032.jpg

まだ、中にあるな・・・

DSCN0033.jpg

右上の、中にあるベアリングをひっくり返したところ、急にこのドラグの仕組みはどうなっているのだろう? と思い左側の中心部分を分解してみて、ドラグの仕組みを観察(なかなか面白かった・・・)。この後直ぐに組直し一件落着。と思ったが、どうしても上手く嵌らない。約2時間の試行錯誤の内、ワッシャーの上下が逆であることに、やっと気づき、脂汗の滲み出た時間だった。

因みに、グレイズのリールはいたって簡単である。まあ、余計なことをしただけで、エアフロのリールも簡単である。

DSCN0034.jpg

中央部分のギザギザを引っ繰り返せば良いので、裏側にあるマイナスねじを外せばスポッと抜けてくるので、外して引っ繰り返す。グリスで手がベトベトになる。

DSCN0035.jpg

昔の、クリックリールは向きを逆にするだけのシンプルなものが多く、考える必要も無かったのが懐かしい。

偵察

昨日は近隣の川の状況を覗きに行きました。

DSCN0017.jpg

透明度は、笹濁りで釣り可能な感じですが、水量はまだまだ落ち着かず後半月待ちと云ったところでしょうか。近隣の田植えも終盤に入ったこの時期、もう冬の準備をしています。と云っても何か何だか解らない方もおられるでしょうが、この時期山菜が一斉に芽吹き、行者ニンニク、蕗、蕨などを冷凍、塩蔵処理して保存食を作ります。竹の子ももうそろそろなので、何だかとっても忙しいのです。

DSCN0016.jpg

この時期の朝はこんな感じです。もっと水平線に近い位置では、真っ赤な梅干しに近い色をしていて、ついつい見とれてしまいます。

 | HOME |  »

プロフィール

ちぃーさん

Author:ちぃーさん
FC2ブログへようこそ!
北海道全域をフィールドにハンドメイドのルアー、フライで海岸から山奥までいろいろな魚種を釣りたい。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

潮位表
北海道-留萌
提供:釣り情報フィッシングラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。