NORTHERN SHORE

海岸から山奥まで北海道全域をフィールドに自作のルアー、フライで楽しく釣りをしたい。

07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

夏休み終わり

8月ラストの釣りか?
暗い早朝に自宅を出て目的地に向かう途中、鹿の群れと追いかけっこ。臀部の真っ白い毛がピョンピョン跳ねる様が心がなぜか和む。早朝から子虹が元気良く反応してくれるものの大きな反応は全くなく、ドライブの疲労がどっと出て6時頃には眠気がでて集中力が切れてしまった。こういう時は無理をすると良くない結果が出てくるもので、一度上がってコンビニコーヒーで一服。近くの入ったことのない河川をカーナビを頼りに偵察ドライブ。水量の多い少ないは、上にあるダムや取水口でかなり差があるように見られた。

集中力は今一だが、上流の別の場所にまだ一度も入っていない場所に入ってみることにした。鬱蒼とした原生林でクマさんの生息域であるため一人ではちょっと気持ち悪い場所だったが、釣り人の踏み分け跡は結構残っていて、猛者達にとってはクマさんはあまり気にならない様子である。川の状況は、ライズが頻繁に見られ魚さんの反応はとても良い。

P8240001.jpg

ただ、本日のビッグサイズはこのサイズなので、2時間ほどで立ち去ることにした。その後、車中で爆睡。目が覚めたのは午後1時を回っていた。また、車を別の場所に移動させて集中力が回復してきたので釣り開始。相変わらず子虹の猛攻が続き、少し飽きてきたとき。左前方の葦の密集したアタリから獣の息づかいの様なものが聞こえてきた。一瞬ギョッとしたものの姿は見えないので、慌てず右を大きく迂回して林道に上がった。ホッとして車に向かって歩いていたところ2~300m前方を右から左に黒い中型犬位のものが横切り藪の中に消えていった。これも、遠かったし置いてある車がその先にあるので、仕方なく辺りに注意をしながら車に戻り、エンジンをかけてカーステのボリュームを上げて帰り支度にかかった。今年は、クマさんの忘れ物発見や、それらしきニアミスが続き、確実にクマさんの生息圏は広がっているのを感じた。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

ちぃーさん

Author:ちぃーさん
FC2ブログへようこそ!
北海道全域をフィールドにハンドメイドのルアー、フライで海岸から山奥までいろいろな魚種を釣りたい。

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

潮位表
北海道-留萌
提供:釣り情報フィッシングラボ