FC2ブログ

NORTHERN SHORE

海岸から山奥まで北海道全域をフィールドに自作のルアー、フライで楽しく釣りをしたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピニングリールの改造

DSCN0282.jpg

長年使っている、と云うか、最近出番のない安物のスピニングリールを少しでもドレスアップすべくハンドルやノブを交換してみることにした。少し融通の利く機種はノブだけの交換で簡単なのだが、ハンドル交換だと適合するメーカーと適合しないメーカーとに分かれた。購入したチャイナ製の安いハンドルは六角軸なのでアブ製のリールには問題なく付けられる。色々調べるとダイワ製もOKらしい、問題は、シマノ製である。シマノは四角軸なので、寸法を測ってみると長辺と底辺が約4.3mm。購入したハンドルの、底辺と上辺も4.3mm、対角が4.8mm位なので対角を少し削ってやればいけるかもしれないと思い、少しづつフライス盤で削ってみたところ、すんなり嵌りました。ハンドルと反対側のネジは、アブ製の場合同じ直径だったので、リール本体に付いてたネジをそのまま利用したが、シマノ製の場合、ネジの径数が0.5mm程大きいので、仕方なくハンドルに付いていた安っぽいネジを利用して止めました。しかし、かなり古いアルテグラは、中ネジに蓋が付いているタイプなので、そのままハンドルに付いていたネジを使うとハンドルの回転で徐々に緩んできてしまいます。仕方なく、ハンドルに合う径数の他のネジで代用して止め、元から付いていた蓋を付けて完了しました。

数百円で購入できる、安いチャイナ製のハンドルなので、着いたら色が違っていたり、1000番タイプにはハンドルが大きすぎて、ちょっと不釣り合いな点は致し方ないのですが、まあ少しはドレスアップを楽しめました。最後に、メッキ部分のキラキラ感は、かなり安っぽいです。ただのアルミ製の方が良いような感じがします。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/06(火) 08:42:08|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ちぃーさん

Author:ちぃーさん
FC2ブログへようこそ!
北海道全域をフィールドにハンドメイドのルアー、フライで海岸から山奥までいろいろな魚種を釣りたい。

最新記事

リンク

カテゴリ

釣り・フィッシング (236)
ハンドメイド (115)
その他 (40)

FC2カウンター

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

潮位表

北海道-留萌
提供:釣り情報フィッシングラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。